ひまわり

【練馬区、石神井公園駅徒歩3分、整体・マッサージの石神井整体院】

こんにちは石神井整体院の早川です。

ついに8月に突入ですね。

河原でBBQも良し、海で泳ぐも良し、そして山で登山も良し!!

ビールやアイスが一層美味しく感じていい季節です。

 

アイスと言えば、

休日にうだるような暑さの中、

いつものように4歳の娘と児童館で遊んだその帰り道に、

ママに内緒と言うことで、

スーパーでアイスを買って、

ベンチで食べていました。

 

セミの鳴き声を聞きながら、

二人でパピコを分けてチュ~チュ~吸っておりました。

 

少し話しが飛びますが、娘が幼稚園の七夕で短冊に、

『プリキュアになりたい』(女の子むけアニメの主人公)と、

お願い事を書きました。

まぁ~、4歳児が書きそうなことですわ。

 

しかし去年の願い事は

『パパと結婚できますように』だったのです。。。

 

1年で随分と大人になっちまいやがって(゜´Д`゜)

ちょっとした意地悪心から娘にその事を訪ねました。

 

状況としては、

午前中からパパと遊んで午後3時過ぎ、

ママに内緒で娘がねだったアイスを、

買って二人で分けて食べています。

 

少なくとも、

娘は今アイスを買ってくれた私に感謝しています。

 

ママに内緒と言うのもミソです。

隠し事を共有しているわけですから、

仲間意識が生まれます。

 

私 「よ~、なんで七夕の願い事、今年はプリキュアにしたんだよ~」


(チュ~チュ~アイスを吸う音)

 

娘 「。。。。(チュ~チュ~)」

 

セミ「ミィ~ン、ミィンミィンミィィ~ン」
      

私 「なんでパパと結婚したいって書かなかったの~」

 

(チュ~チュ~アイスを吸う音)

 

娘 「。。。(チュ~チュ~)」


セミ「ツクツクボーシ ツクツクボーシ」

 

突然、娘が 「痛てェ~アイスで急に虫歯になったぁ~」

と、言って頬を押さえます。

 

まさかの返しにパピコを吹き出しそうになりました(笑)


完璧です。

 

何も言えません。。。


私が買ったアイスで虫歯になったと主張です。


完璧です。

あ、娘の機転の早さを書きたいのではなくて。。。

 

折れない心の持ち主の私は、

今回の一件をこう解釈します。

娘的には、

 

「去年の七夕で1番の願い事、

パパとの結婚は叶うのだから、

今年は2番目の願いのプリキュアにしとこう」と、

 

どうですか。。。

 

かの有名な心理学者の『アルフレッド・アドラー』はこう言いました。

 

「過去」において重要なのは「事実」ではなく「解釈」だと。

万年室

そこで今月のテーマはこれです。

 

~~~ 自己肯定感 ~~~

 

最近よく耳にする言葉で『自己肯定感』があります。

 

自己肯定感とは、

自分の長所は勿論、

短所も含めて自分を肯定する感覚とあります。

 

どんな自分でも、

自分は「大切な存在で、

価値のある存在なんだ」と、

自分で思えることです。

 

この感覚が有無、高い低いで、

人間関係や仕事に、

かなり影響を及ぼすとされています。

 

【どうやって自己肯定感を育むの?】

 

0歳から6歳までの幼少期の家庭環境に、

大きく左右され、早い段階で形成されます。

ドキッ!!っと、思われた現在子育て中の方も多いでしょう。

 

そうなんです。

 

どう育てるか、どう育てられたかが、かなり重要なんです。

子育てにマニュアルはありません。

専門家でも意見は分かれます。

 

大切なのは、

出来ないことも含めて、

肯定してあげてください。

 

条件を付けて褒めれば、

条件を満たす為に頑張る子供になります。

けして比較しないであげてください。

 

【すでに大人の人はどうするの?】

 

安心してください。

自己肯定感は、上げられますよ(笑)

 

自分の出来ることに目を向けるんです。

簡単に言えば自分を、褒めるんです。

巷には「褒め日記」と言う手法があるそうです。

 

一日の中で、

今日あった自分を褒めることを、

箇条書きで書きます。


短い文でいいので、その日のうちに書きましょう。


例えば、

「朝の仕度をいつもより10分早く済ませた私は凄い!」

「電車で席を譲った私は優しい、勇気がある!」

「3時のおやつを我慢した私は偉い!」


こんな感じで、

些細なことでも毎日続けて書いていくと自分に自信が持てます。


これは私もやっていますが、かなりおすすめです。


そして娘に何を言われても、

いい方に解釈できる、

マッチョなハートを手に入れました(笑)

 

もうひとつ、

誰かに、褒められたら素直に

「ありがとう」と、

言いましょう。


自己肯定感が低いと、

褒められるのが苦手になります。

謙虚が美徳という日本人ならではの感覚もわかりますが、

褒められたら素直に「ありがとうございます」と言いましょう。

 

褒められる事を、求めてはいけませんが、それはそれです。


素直に喜んで、「ありがとう」と、言いましょう。

そうすることで、自己肯定感が高まり、

「今のままの自分でいいんだ」と、

思えるようになります。

 

ると仕事や人間関係が、楽に感じられますよ。

それでは、この暑い夏を楽しんでください。

また来月をお楽しみに~~~ヽ(*´∀`)ノ

 

~~~あとがき~~~

8月14、15、16日の3日間は、お盆休みをいただきます。

13日土曜日も、最終受付が15:00時までですので、ご了承ください。

よろしくお願いいたします。