【練馬区、石神井公園駅徒歩3分、整体・マッサージの石神井整体院】

本とメガネ

こんにちは、石神井整体院の早川です。

 

季節は読書の秋ですね。

 

ということで、おすすめ本の紹介です。

今回ご紹介する本は、

『体に語りかけると病気は治る』

著、長田夏哉 (オサダ ナツヤ)さん

です。

体に語りかけると病気は治る

著者の長田さんは、

東京都大田区田園調布で、

「田園調布長田整形外科」

というクリニックを開業しています。

 

現役の整形外科の院長です。

 

そんな現役の医師が、

臨床現場から感じとった真実が、

この本には書かれてます。

 

ホリスティックやスピリチュアルの観点から、

プラーナやチャクラと言った生命エネルギーの話が満載です。

 

腰が痛くて整形外科を来院した患者さんに、

長田先生は、

「体はなんて言っていますか?」

と、たずねるそうです。

 

ほとんどの患者さんは、

「何言ってるんですか冗談はやめてください」と、言ったり、

 

中には、

「ふざけるな!!」と、怒られる方もいるそうです。。。

 

それでも、

 

長田先生は、

体に表れる不調は、

結果であって原因ではないとおっしゃいます。

 

腰が痛くてつらいのは、

ヘルニアのせいではなく、

心がつらいのを体が表現しているということです。

 

言いたいことを我慢していたり、

信念と合わない仕事や生き方をいていたり、

自分に必要以上に厳しかったりと、

パターンはさまざまだそうです。

 

本当の自分と現実の自分のズレが生じると、

体は痛みや不調のメッセージを出して、

主人格のあなたに気がついてもらおうと、

するのだと言っています。

 

本の中では、

自分で出来る、

呼吸法やグラウンディング、

エネルギーのつくり方なども載っています。

 

これを現役整形外科の院長が、

書いたのですから衝撃ですね。

 

そんな長田先生に、

実際に会ってお話ししたいなぁ~、

なんて思っていたら、

会う機会に恵まれました。

長田さん

とてもエネルギーに満ちていて、

生き生きした方でした。

 

私からの質問にも、

丁寧に答えてくださりまして、

一発でファンになりました。

 

Amazonのページにリンクしておきますね。

 

他のレビューも参考にしてください。