メルマガ
【練馬区、石神井公園駅徒歩3分、整体・マッサージの石神井整体院】

石神井整体院で毎月配信しています、

メールマガジンのバックナンバーです。

 

人生の気付きや健康、食事、運動など、

さまざまなテーマでお送りしています。

 

【西洋医学の原点】について書きました。

 

宜しければお楽しみください。

 

西洋医学の原点

こんにちは石神井整体院の早川です。

今日から2月ですが、寒い日が続いてますね。

こころも温まる石神井整体院だより2月号をお届け致します。

 

休日の昼間に5歳の娘と二人で、

スーパーのベンチでおやつを、

食べていました。

 

すると一匹の虫(小バエ)が、

娘の周りを飛んできて、

グルグルと飛び回っていました。

 

何度か払っても近づいてきて離れません。

 

普通なら凄く嫌がりそうなものですが、

さすが我が娘、

「もう、私が可愛いから近寄りたいんじゃない」と、ひとこと、

追い払うのをやめてしまいました。。。

 

素晴らしい発想!

 

見習いたいプラス思考です。

 

そんなスーパーポジティブの娘が、

先日、体調を崩して熱を出しました。

 

病院でインフルエンザの検査をしにいったのですが、

行くのが早すぎたようでまだ分からないとのこと。

 

 

結局、2日間の断食と、

妻が買ってきたマヌカハニー(はちみつ)を、

舐めて3日目には熱も下がり元気なっていました。

 

私は一人、

「断食とはちみつ効くぜ!!」と感心していました。

 

もともとの西洋医学の原点も、

断食やナチュラルな食べ物で治していたそうです。

 

そこで今月のテーマはこれです。

万年室

 

~~~西洋医学の原点~~~

 

世界最古の医者ヒポクラテスは、

ハーブを煮出した液を薬として処方しました。

 

他にも、

香草類には人体の病状を改善させるとして、

香草風呂も考案しました。

 

 

まさに現代のハーブティーとアロマテラピーの起源です。

 

そんな古代ローマ時代から、

はちみつは、殺菌、消炎、保湿、

創傷治癒作用の効果から、

凄く重宝されたようです。

 

他に、ヒポクラテスが称賛した食材がなんと、

「キャベツです」

ローマ時代には、

「貧乏人の医者」と呼ばれるほどの薬効があり、

何世紀もの間ローマの繁栄を支えてきたのかも知れません。

 

現代では嗜好品の、

ワインやコーヒー、チョコレートなども、

もともとはクスリとして使われていたそうです。

 

上手に摂取量をセーブしながら、

 

美味しく健康になれそうですね。

 

最後にヒポクラテスは、

こんな名言を残しています。

 

「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」

 

「月に1度断食すれば病気にならない」

 

「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」

 

さぁ!春はすぐ目の前です。

 

もうひと踏ん張り、2月を元気に乗り切りましょう。

 

 

最後までお読み頂きまして、

ありがとうございます。

感謝致します。