安全なダイエット

こんにちは石神井整体院の早川です。

 

今日はご利用者さんかよくご質問される、

ダイエットについて書きますね。

 

私はエステティシャンや、

スポーツトレーナーではないので、

ダイエットの領域は、

専門外ではありますが、

代謝と生理学を学んだ、

カイロプラクターとしての、

意見だと思ってもらえると嬉しいです。

 

常に時代と共に新しいダイエット法が、

流行ってはブームが、

去ってしまいますね。

それはダイエットが商売になるからだと思います。

 

新しいダイエット法が話題になれば、

書籍化されたり、

テレビ番組で取り上げられます。

 

ザックリと食事ダイエット法の種類で分けると、

「減らす」

「置き換える」

に分けられるでしょうか。

 

それぞれメリットとデメリットがあります。

 

減らすダイエット法では、

最近は「ファスティング」昔で言う、

断食が密かなブームになっているようですね。

 

一日一食健康法や超小食など、

食事量を極端に減らすのは、

ダイエットというよりも、

健康法に近いと思います。

 

これら摂取カロリーを減らす方法は確かに痩せます。

 

ただ栄養失調になりやすく、

健康的に痩せられるかと言われると、

疑問が残ります。

 

長いスパンで考えて、

身体にいいとは思えません。

 

一日一食や超小食にすることで、

消化にかかる負担が減り、

身体が軽くなり元気になると思います。

 

ただし、身体は飢餓状態が続くので、

脂肪をため込み易い体に変わります。

 

栄養が足りていなければ、

肌や髪が痛みやすくなり、

ホルモンバランスや自律神経にも、

影響が出てきます。

 

低栄養状態を続けて、

身体の異変に気付くのに、

時間がかかります。

 

なので10年20年続けるのは危険です。

タンパク質お肉

糖質制限ダイエットもブームになりました。

これはアメリカのアトキンス先生が、

提唱しています。

 

一日の糖質摂取量を20gに抑えて、

その分タンパク質と脂質を、

沢山食べると言うものです。

 

ちなみに、

白米茶碗一杯で糖質が55g

6枚切りの食パン一枚で26gです。

 

本気でやる方は、

じゃがいもや人参なども、

食べないそうです。

 

この糖質制限もある程度は痩せます。

 

お肉やお魚を沢山食べる事になるので、

健康的に痩せていくイメージです。

 

しかし健康な人が一日の糖質を、

20gにまで抑える必要はないと、

思っています。

 

夕食はお米を抜いて、

その分おかずを一品増やすなどが、

栄養面から見ても、

いいと思います。

 

次に置き換えダイエットです。

置き換えダイエット

これは一日の食事の内、

一食を何かと、

置き換えると言うものです。

 

これは置き換える物によると思います。

 

しっかりと栄養のバランスが、

取れているものでしたらいいですが、

 

リンゴだけとか、

スムージーだけでは、

危ないです。

 

確かに痩せますが、

タンパク質と脂質が、

足りなくなります。

 

健康食品メーカーが出している、

プロテインダイエットなんかは、

タンパク質が摂れるので、

そんなに悪くないかなぁと思います。

 

ただ味に飽きるとかが、

あるようなので、

色々試してみるといいかもしれませんね。

 

こんな勝手なことを書いている私が、

食事で気を付けている事はなにか。

糖質量

それは糖質の量です。

 

私は体質的に血糖値が上がりやすいです。

 

糖尿病になりやすいと言えます。

 

父も祖父も糖尿病になりました。

 

なので私は糖尿病の予防的に、

少し糖質を減らして、

血糖値をコントロールしています。

 

このように人間の身体とは、

体質や遺伝などで千差万別です。

 

同じ人でも、

年齢と生活環境などで、

必要は栄養素のバランスは変わります。

 

まずは自分の体質を知って、

生活環境などで、

柔軟に変えられると、

いいと思います。

 

食事や栄養相談も受けていますので、

気になる事があれば、

気軽に相談してくださいね。

院長とスタッフ