メールマガジン・バックナンバー

【酵素栄養学】メルマガ

【練馬区、石神井公園駅徒歩3分、整体・マッサージの石神井整体院】

石神井整体院で毎月配信しています、メールマガジンのバックナンバーです。

人生の気付きや健康、食事、運動など、さまざまなテーマでお送りしています。

10月号では【酵素栄養学】について書きました。

宜しければお楽しみください。

こんにちは、石神井整体院の早川です。

今日から10月ですね。

早い、本当に早いです。

9月は台風や秋雨前線の影響で雨が多かったですね。

せっかくの休みが雨でがっかり。。。

なんて人も少なくないと思います。

何となく悪者の雨ですが、悪いことばかりではないですよ。

ひと雨降るごとに涼しくなって、過ごしやすくなりましたよね。

我が家の4歳の娘は、

「虹が見れるから雨が好き!!」

と、メルヘンなことを言っておりました(笑)

なにごともバランスが大切ですね。

 

降らないと農作物は枯れてしまいますが、降りすぎてもダメになってしまうそうです。

運動や食事、休息も同じです。

ある程度の自制が必要ですが、やりすぎると逆に健康に悪い、なんてことはよくあります。

適度な運動は、筋力アップや循環を促すのに必要ですが、やりすぎれば活性酸素が生まれ、体を錆びさせます。

食事制限もそうです。

ひとつ食品が流行れば、そればかり食べたり、お肉をやめたり、小麦をやめたり、乳製品をやめたり、じゃ何食べればいいんだって話です(笑)

一部のアレルギーを除いて、これもバランスだと思います。

ひとつ参考にしている、栄養学があるのでご紹介します。

今月のテーマはこれです。

~~~酵素栄養学~~~

『酵素』

言われてみれば聞いたことあるけど。。

そんな反応でしょうか。

私たち人が必要としている栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素とビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル。

そして『酵素』です。

酵素がなければ、ひとは指ひとつ動かせません。。。

そんな酵素が多く含まれているのが、生野菜や生果物、そして日本人には馴染みの深い、味噌や納豆などの発酵食品です。

現代人は酵素が不足しているそうです。

昔の日本人は粗食でしたが、驚くほどタフだったそうです。

こんな逸話があります。

明治9年にドイツ人医師のベルツが、日本の人力車夫の強靭な体に感激して、自分で雇っていた車夫と自分の馬とで、東京から日光まで約110キロを競争したそうです。

ベルツは6回、馬を乗り換えて、日光に到着しました。

なんとその30分後に、人を一人載せた車夫が到着したのです。

ベルツは道中の食事内容を聞いて驚きました。

玄米の握り、味噌大根の千切り、たくあんだけだったそうです。

凄いですよね。

このメニューでは、食物繊維や酵素が多く、ビタミンB、C、E、ミネラルも豊富です。

その後、ベルツはステーキ等の、動物性タンパク質を摂る食事を、その車夫に与えたそうです。

そしたら、すぐにバテるようになり、元の食事に戻してくれと頼まれたそうです。

現代で簡単に酵素を摂取するには、生野菜と生果物がやりやすいかなと思います。

もちろん生野菜ばかり食べなさいと言っている訳じゃないです。

バランスですよね。

私はお肉も魚も必要だと思っています。

ただ食べ過ぎには気をつけています(笑)

「最近バテてきたからしっかり食べなきゃ!!」

そんな時の参考にしてください。

焼肉をガッツリ食べるなら、サンチュで包むなり、キムチを頼んだりとかね♪

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。